新型インフルエンザ どうすればいい?予防・対策新型インフルエンザの基礎知識 > 新型インフルエンザとスペイン風邪の違いは?

新型インフルエンザとスペイン風邪の違いは?

新型インフルエンザとスペイン風邪の違いは?

 今回の新型インフルエンザとスペイン風邪に代表されるような大流行したインフルエンザ(他に香港風邪、ソ連風邪など)とは何が違うのでしょう?

 新型インフルエンザでパンデミックのフェーズ6が出されたのは41年ぶりだそうです。そして、過去のインフルエンザと何が違うのかは正直あまり分かっていません。実は、過去に発生したインフルエンザが大流行した原因もあまり分かっていない事が多いのです。
 
 例えばスペイン風邪を例にすると、A型インフルエンザウイルス(H1N1亜型)である事は現在は分かっています。しかし、当時はそれを十分に調査する事が出来ませんでした。アメリカでは1915年頃から死者の報告が出ているようですが、はっきりとした数値があるわけではありません。何故スペイン風邪がインフルエンザと分かったのかは、その後保管されていたウイルスと、病気で亡くなった方の細胞からインフルエンザウイルスが発見されたためであり、それまでは仮設でした。また、このスペイン風邪の元は鳥インフルエンザです。

 では、今回はどうでしょうか?A型インフルエンザウイルス(H1N1亜型)までは実は同じです。違いは豚が発祥である事でしょう。では豚だから弱毒性なのかと言えば、それは分かりません。

 これらの事についてはまだ多くが謎のままです。ですから、現在の新型インフルエンザが弱毒性から強毒性に変わる可能性はありますが、各研究機関などがそうなっても最小限の被害で済むように調査研究を重ねています。私たちに出来る事は、マスク着用や咳エチケット、手洗いうがいなど、個人で出来る予防は可能な限り行いましょう。普段からの予防が病気から身を守ります。

新型インフルエンザ どうすればいい?予防・対策は、新型インフルエンザの情報を掲載しています。

ピックアップ!:感染したらまず行う事

・他の方への感染を防ぐためにも、マスクを着用しましょう。 ・素人判断はせず、まずは病院へ行って下さい・・・